今月のオルディ

月刊社長便り Vol.11

共同開発プロジェクト「クリアフォレスト」始動

2019.11.25

タイトルにしたクリアフォレストとは、森の力で生活空間の空気を浄化する「クリアフォレスト」を通じて“人々の暮らしの快適化”と“森の再生”の両立を目指すという理念を持ったエステー株式会社のプロダクト名です。日経新聞2019年10月25日付けにも掲載されましたが、クリアフォレスト×ORDIYの共同開発により消臭・防臭ポリ袋の開発、販売することとなりました。このプロダクトは北海道釧路の森を守るために伐採されるいわゆる間伐材の未利用の枝葉を有効活用し森にも人にも役に立つ商品を送り出すという循環型ビジネスです。そのトドマツから得られる抽出成分に着目し、森林浴効果や花粉アレルギーの低減など空気浄化作用に優れる『機能性樹木抽出成分』を発見しました。消臭とポリ袋は、家庭から出る生活ごみ臭はもちろん、病院などの汚物処理臭といった生活の中の「臭い」という困りごとを解消する観点からも相性が良く、その軽減は人々の暮らしを快適化することに直結します。オルディの持つ技術と、エステーさんの本格的に消臭に対して研究されている企業同士の共同開発は、商品化にあたり既にお問い合わせも頂くなど、今後の行く末が非常に楽しみなプロダクトとなっています。実際に森を見てみたくなり、エステーさんの担当役員の方と共に、森と工場の視察に行きました。北海道は既に冬の装いです。厳しい寒さが針葉樹の木々を育て、凝縮された成分を作り出す根源なのだと感じました。豊かな自然の尊さを感じずにはいられません。

釧路の森で役員の皆さまと
釧路のトトドマツの植林

今月は他にも新たなお客様とベトナムのダナンで新たな環境対策商品の開発や子会社プロテックに北欧製紙メーカー社長の視察などあり、今年の目標であるエコノミー×エコロジーの調和から、来年度は環境問題・エコロジーがさらに加速し、最も重要なキーワードとなるでしょう。

プロテック視察にて
子会社プロテック新工場にて

ラグビーW杯が盛況のうちに終わりましたね。今後は東京オリンピック、そして大阪で開催されるワールドマスターズ、大阪万博、と海外から日本のあらゆる面が注目を浴びることになります。オルディは、エコ対策は言うまでもなく、みなさまの生活のお困りごとを解決する一助を担っていきます。また、市況の荒波を信頼と技術を持って乗り越え、お客様とともにエコロジーへの協業を進めていくことが新たなビジネスの潮流となりつつあると感じています。ラグビーの言葉を借りるなら「One Team」ですね。ひとつの目標に向かって突き進む、その姿は見る者を惹きつけます。そんな企業でありたいですね。