今月のオルディ

月刊社長便り Vol.6

小さな夢がかなう

2019.06.18

6月6日は創立60周年記念のゴルフコンペ「オルディ会」を太平洋クラブ六甲コースにて開催しました。14回目となる今年は周年記念に相応しく晴天となりました。お取引先様、当社社員の総勢52名13組が腕を競い、コンペ終了後には新しくなった幹部社員のお披露目と挨拶を行いました。コンペには当然、賞品を用意しているのですが、6月6日は創立60周年の「6」にゲンを担ぎ優勝よりも第6位に一番良いものを贈るサプライズを仕込み、好評のうちに終了することが出来ましした。



6月18日には子会社「プロテック」の新工場稼動にともない安全祈願祭が執りおこなれれます。この行事に思うことは、企業30年説ではありませんが平成元年に東京支店新社屋が完成、2年に稲畑産業のグループに入り、7年以降順調に名古屋、九州など支店配置を進め15年には社名変更、本社移転…。この30年、激動の平成を駆け抜けてきました。次なる30年に向けて「令和」にはecoへとグッと舵を切ります。新工場は弊社の新分野である紙素材商品の生産を担い、世の中のeco化の流れに対応していく意味でも重要な存在であると大いに期待しています。



また、今回新しく社章を作りました。有志社員がプロジェクトを組みアイデアを出し合い、思考錯誤を重ねて作った思い入れのある社章です。これを社員全てに配布し、皆がプライドを持って行動してくれることを望みます。加えて60周年記念会社ロゴも作成し、名刺への印刷とお披露目も兼ねて瓦煎餅に焼きつけ、前出のコンペの参加賞に配りました。

実は「社章、社員証、カードキー、この3つを社員が揃って持つ。」社長就任当時に思い描いていた夢でもあります。ささやかと笑われるかもしれませんが、会社運営の理想のひとつが叶い、とても満足しています。