今月のオルディ

月刊社長便り Vol.7

60周年記念決起大会を終えて

2019.07.17

雨模様が例年よりも長く続き梅雨明けが待たれるこの頃ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。オルディは今年の決起大会を沖縄県石垣島にて開催しました。天候が心配でしたが、開催期間の6月29日から2泊3日は、美しい夏空が広がり晴れやかな気持ちで過ごすことが出来ました。ほぼ全ての社員が参加するなか、初日は決起大会を開催しました。経営方針の発表、昇進者発表、新入社員紹介、次世代幹部候補社員によるプレゼンなど充実した会でした。

行事永年表彰
入社2年目生による寸劇「GOMILLA」で会場は大いに盛り上がりました

特に感銘を受けたのはチームワークをテーマに、入社2年目社員7名による寸劇「GOMILLA~ゴミラ~」です。その概要は人々によるゴミのポイ捨てからGOMILLAが誕生してしまう。相対するレンジャーは自社商品のポリバックHB(ハイブリット)を使い退治するというもの。*ポリバックHBは当社の最新商品で強度が強く、裂けにくいという特性を持っています。

なぜGOMILLAが出てきたかを考えよう、これからはゴミ問題についてもっと向き合いませんか?という内容です。オリジナルのストーリーで、会場の皆が真剣に見入ってしまうほど完成度も高く練習を積んできた苦労が見えてきます。普段は事業所も異なる中、同期の絆も深まったと聞きました。私は自社のことを誇りに思ってくれていることを感じ不覚にも涙腺が緩み、つい落涙してしまいました。

2日目は、社員達の日ごろの忙しさが少しでも癒されて欲しいと感謝の願いを込めて、各自オプショナルツアーに参加するなど自由な時間を過ごしました。私も石垣島の景勝地、青の洞窟では年齢も忘れて社員達と海へダイブするなど一緒に楽しみました。

早朝の気持ち良いお天気のなか海岸清掃を行いました
集合写真 – 清掃を終えて

3日目は、7:30~8:00の30分間を皆で海岸清掃しました。さすがにきれいな海でしたが、波打ち際には思ったよりもゴミの量が多く、外国に近いこともあり、中国・韓国語の瓶やペットボトルなども見受けられました。プラスチックの製造販売業者である私たちは「海洋プラスチックゴミ問題」に関わり、海洋生物を守るために少しでも力となれるよう今後も清掃活動を続けていきたいと考えております。