今月のオルディ

月刊社長便り Vol.9

継続は力なり

2019.09.18

9月も半ばを過ぎたとはいえ、日中は酷暑の名残が強く感じられます。環境に適応し公私ともに充実した日々を送ることのできる基礎体力の必要性を感じずにはいられません。

私ごとですが今月の誕生日をもちまして「アラ還」となります。一般的には65歳で定年退職となります。残り10年となった経営者人生をどのように生きていくべきか、これが最近のテーマとなっています。その答えのひとつに、今までとは視点を変えて会社に貢献していくことを挙げます。自分の馬力の使いどころを変えるという感覚でしょうか。
オルディに入社し20数年、がむしゃらに走ってきました。営業担当の社員達には特に先代からのお取引様や、新規開拓し継続してお付き合いいただいているお客様全てが今後のオルディにとってなくてはならない存在であり、オルディとの間に信頼という確固たる絆で結ばれているということを再認識すべき時期にきています。
BtoBのものづくりが多いため、一般消費者の方からの知名度を上げていくことは難しい面があります。しかし、なぜバイヤーはオルディの商品を選んでくれるのか、なぜ商品開発のパートナーとして選ばれるのか、その意味を考えて欲しいと強く願っています。
企業間が信頼によって結ばれる、これは大きな武器であり誇りです。社員達がその武器を最大限活かしていけるよう社史編纂やお取引様各社との結びつきの歴史を伝承していくことに私の力を注いでいこうと考えています。

がむしゃらに走ってきた常務時代
鈴鹿サーキットにてロードバイクレースに参加しました

プライベートでは身体のコンディションを調えるためにロードバイクで走っています。一時期は鈴鹿サーキットのレースに参加するほどのめり込んでいました。やり始めると負けず嫌いが先行しラップタイムを上げるためにハードなトレーニングをしたものです。また、ゴルフも楽しみの一つです。ずっと続けていると、同じ競技を愛好する者同士、友人の輪が広がってくるものですね。
公私は密接に関係し、愚直に続ければ実績として積み重なり、人との縁を生み、運を運んでくるものであり、全ては連動します。人間関係の軸は「信頼」であり、その出会いは「公」「私」とセパレートするものではないと思っています。

環境保護プロジェクト「asunowa」
植物由来の地球にやさしいポリ袋シリーズ

さて、会社としては念願の新ブランド「asunowa(あすのわ)」環境保護プロジェクトを発足致します。第1弾として植物由来の地球にやさしいポリ袋を2019年9月27日より発売します。創業時より継続し続けてきた、「環境問題と向き合いながら商品開発や社会貢献活動を行う」、その想いをようやく形にすることが叶いました。まさに継続は力なり、諺ほどよく出来たものはないですよね。