今月のオルディ

月刊社長便り Vol.31

始めての産学連携、新商品検討で感じたこと

2021.07.26

始めての試みですが、2021年4月から大阪芸術大学デザイン学科(高田教授)の学生の皆様と産学連携でポリエチレンフィルムを使用した新商品検討を開始しました。この前期授業期間のほとんどがコロナの緊急事態宣言期間でもあり、キックオフミーティングや進捗確認などWEB開催となり、皆様と直接顔を合わせはできませんでした。サンプルに触れながら既存商品の説明もできずうまく伝わらない面もあったことが残念であり、学生の皆様も苦労したかと思います。いよいよこの7月が商品提案の締め切りです。若いデザイナーの想いが詰まった商品提案を受け取ることが楽しみです。
いつの間にか「~でなければならない」という枠のなかにいることを忘れていた私たちからすると、柔軟な視点から考え出された試作にどれもワクワクしています。

先日、来年度採用時に使用する説明会用の動画撮影がありました。持ち時間は1分半。何を話そうかと思案しましたが、やはり、求める人物像への不変の想いを語ります。就活は企業と学生がWin-Winでなくてはなりません。選ぶ立場にあると優位性が発生するような錯覚に陥ることがありますが、これは違います。学生と企業はお互いが対等でありマッチングを試す場なのです。オルディは個の能力ではなく集団で力を合わせて戦っていく企業です。想いのベクトルを一つにできる人材に出会えると信じています。
想いが強すぎてインタビューでは約5分話してしまいました(笑)。

また、8月に発売する新商品に期待しています。ジッパー袋にイラストをつけ、2柄3種類の大きさで展開します。目を惹くデザイン性が売りですが、機能性にも自信があります。ものづくり企業、特に袋屋としての技術を使い、総力を挙げて製作しています。特にジッパー部分は、クリック機能という閉じるときにしまった感覚がわかるようにプチプチと閉まる構造や、リップ部分の表側は透明にして、入れるものを書いたときにも見えやすいよう工夫をしています。収納時も高さが揃って綺麗に収納しやすいよう、SとMサイズは同じ高さのサイズにしています。
家で過ごす時間が増えているニューノーマルでの生活の中で、日常のちょっとしたことが楽しくなって欲しいとの想いがこもっています。食品や小物などカラフルな袋に分けて入れることで、心が上がる瞬間があれば幸いです。

最後になりますが、クックパッドに「オルディキッチン」を開設し、レシピを掲載していきます。まだ準備段階ですが、毎日の食卓を時短、簡単に、楽しく過ごすお手伝いができるヒントを配信していきます。ぜひご覧ください。